第2回北海道ネウボラ研究会

2016.9.30(金) 北海道教育大学第一会議室 において、産後ケアをテーマに、 参加者は14名、大学に所属する研究者4名、産後ケアの事業に携わられていらっしゃる方や、子育て支援に関わる方、ドゥーラ協会認定産後ドゥーラの皆様など、札幌圏以外にも函館、旭川など道内各地からお集まりくださいました。


札幌市による2016年9月から開始となった産後ケア事業の説明会と、産後2か月以降の母親への支援についてを北海道教育大学岩見沢校准教授の寅嶋静香先生より、研究実践からのエビデンス(成果)のご報告も踏まえ、ご講演いただきました。


その後、参加者の皆さんで2グループに分かれて意見交換を行いました。  

詳細はブログで後日ご報告いたします。


TV局1件、フリーペーパー1件の取材が入り、翌日朝のニュースにて報道いただきました。


↑代表五嶋から挨拶

↑札幌市による産後ケア事業の説明会

↑北海道教育大学准教授 寅嶋静香先生によるご講演

↑意見交換会



 

NPO北海道ネウボラ

新しい地域包括の時代がきた ~仕事も、子育ても、介護も、病気も、障害も。 全ての家族を支える新しい仕組み~ フィンランドの子育て支援施設「ネウボラ」をお手本に

0コメント

  • 1000 / 1000