About Us

NPO北海道ネウボラ

NPO北海道ネウボラ(北海道ネウボラ研究会(準)) 札幌市の市民活動団体です。


【事業内容】

 ● 「北海道ネウボラ研究会」主催 年2~3回の開催を予定しています。

  Ж 医療、福祉、教育、保育等、子育てに関わる研究者・支援者、および関心のある市民対象の研究会

 ● 「さっぽろ女子ネウボラミーティング」主催

  Ж 子育てにかかわる女性(主に母親)、および関心のある市民対象ミーティング企画

 ● 子育て相談ひろば「モイ・ルーム」主催

  子育てひろば 「モイ・ルーム」 地域で月1回子育てサロンを開催 → 2016.10開催後はお休み中です。(ブログ

  ネウボラ相談室「モイ・ルーム」 市内で子育てよろず相談を開催

   ○活動拠点 かでる2・7 6F 北海道女性プラザ内 第4水曜日(開催日程は変更する場合があります)

  Ж 札幌市内にて、出張ひろば、相談会を開催します。不定期開催。

  Ж 札幌市内近郊での出張ひろば・相談会依頼はメールにて受付中 

 ● 母親向け講座・イベント企画

  Ж 札幌市北区の某所児童館子育てサロンにて、月1回の講座企画を担当しています。(2016.11より)

  Ж 札幌市内近郊での講座企画依頼、イベント企画依頼はメールにて受付中


詳しい情報は、Facebookページ、またはブログをご覧ください。


【メンバー】

 代表  五嶋 絵里奈(ごしま えりな)北海道子どもの未来づくり審議会委員~H30年12月23日まで

     システムライフアドバイザー・社会活動家

 【JOBS】

   ・札幌プログラミング教育普及委員会副代表

   ・パソコン&プログラミング教室モイイークラス主宰

   ・NPO法人札幌チャレンジドIT講師

   ・一般社団法人ブロックチェーン北海道イノベーションプログラムBHIP理事

   ・子どもとメディア北海道会員

   ・WAN(ウィメンズ・アクション・ネットワーク)正会員

   ・札幌市子ども緊急サポートネットワーク提供会員

   ・札幌市子育てサロンボランティア

   ・札幌乳児院ボランティア

 【資格】

   ・子育て支援員 北海道:地域子育て支援拠点事業、利用者支援事業(一般型)

   ・合同会社デジタルポケット認定ビスケットファシリテーター

 【補足】ワンオペ育児中、二児の母、ただの主婦


 副代表  長谷川慶子 (はせがわけいこ)歯科医師

 福代表  広瀬 隆  (ひろせ たかし)地球が教室北海道副代表、臨床コーチ

 事務局長 森下 満  (もりしたみつる)工学博士、一級建築士

 事務局本部 3名

 石狩事務局 代表 1名 石狩事務局4名

 学生ボランティア 2名


【北海道ネウボラ相談員ネットワーク】 準備中


【現在までの経緯】

 2015年 8月 経営学の一般公開講座の受講をきっかけに、代表五嶋が一人で活動をスタート

 2015年12月 市民活動団体として、北海道ネウボラ研究会(準)団体設立

 2016年 3月 札幌女子ネウボラミーティング、北海道ネウボラ研究会初開催

 2016年 7月 子育てひろば「モイ・ルーム」オープン ※2016年11月より休止中

 2016年11月 NPO北海道ネウボラに呼称変更、組織改編

          ネウボラ相談室「モイ・ルーム」オープン かでる2・7 6F女性プラザ内

 2017年 7月 北海道ネウボラシンポジウム2017開催

 2017年 10月あさぶネウボラ★MamMamステーションオープン

       麻生商店街 麻生キッチンりあんとの連携事業

 2017年 11月あいの里ネウボラ★MamMamステーションオープン

       あいの里助産院との連携事業

 2018年 9月一般社団法人BHIP(ブロックチェーン北海道イノベーションプログラム)理事に代表五嶋が就任、10月NPO北海道ネウボラが推進パートナー(社員)として参画

 2018年 10月えべつネウボラ★MamMamステーションオープン

       NPO北海道ネウボラファミリースタッフ会員主宰べびたいむとの連携事業

【Contact】

E-mail      Hokkaido.neuvola[@]gmail.com ※[@]は@に置き換えてください

twitter

Facebook 

instagram

ameblo